本文へスキップ
ホーム 製品 レンタル メンテナンス サポート 会社概要 Contact
top

製品

3Dレーザスキャナ
       
Trimble TX-8 3D スキャナ

3Dレーザスキャナ

Trimble X7

3Dレーザスキャナ

Trimble RealWorks ソフトウェア ソフトウェア
3D Laser Scanner 3D Laser Scanner Software
       
 
 
3Dレーザスキャナとは
Trimble X7

3Dレーザスキャナとは対象物及び周辺環境を非接触にてレーザーを用いて3次元でスキャンニングする計測器となります。計測時にレーザを放射状に照射することで、360度(機械本体下部以外)毎秒数万点以上の速度で3次元の点群データ(テレビのようなドット)が得られます。
 

点群データとは 

点群データとは写真の様にも見えますが1つ1つの点の集合データになり、点は1つ1つに3次元座標 (X,Y,Z)が あります。ファイル形式も様々あり、LAS,E57他、メーカー各社フォーマットがあります。
 Trimble RealWorks
 

3Dレーザスキャナ 種類

3Dレーザスキャナの種類としてハンディタイプ、ドローン搭載タイプ、地上型タイプ、車搭載タイプ(MMS)等があります。通常、測量・計測には精度が良い地上型タイプが使用されます。測定距離、点群密度も機種により様々です。
Trimble X12 Trimble SX12Trimble X7YellowScan Mapper+Trimble MX50
 

3Dレーザスキャナ 地上型

写真をクリックすると動画が再生されます。
Trimble 3Dレーザスキャナ
中・長距離型 近距離型 
 Trimble X12  Trimble SX12  Trimble X7
Trimble X12 Trimble SX12 Trimble X7
365m 350m 80m
218万7,000点/秒  26,600点/秒  50万点/秒
フェーズシフト(位相差)方式 バンドスキャニング方式 Time of flight (パルス)方式
自動合成  合成しながら測定 自動合成 
     

3Dレーザスキャナ 価格

一般的に3Dレーザスキャナの価格は700〜2000万円程度の価格帯となります。測量で使用されている機種の多くは700〜1000万円程度です。
 

3Dレーザスキャナ 原理

現在、3Dレーザスキャナの点群測定はタイムオブフライ [Time of Flight(TOF)] が殆どでスキャナ本体より光を発光して、物体に反射して受信するまでの時間を測定しています。
スキャナは回転しながら放射線状に光を出して計測いたしますので、近くは点群の密度が高くなり遠くに行くほど密度が低くなります。従って遠くの点群は薄く荒く感じます。
同様に反射強度(反射率)も近くを測ると反射光が多く、遠くは低くなるので、一般的に精度に関しても近い方が良い傾向があります。
スキャナ計測
 

3Dレーザスキャナ 弱点

3Dレーザスキャナの弱点として黒色、鏡、光沢があるもの等は一般的にあまり測定することはできません。または、反射して反対方向に反射した点群が取れてしまいます。
例えば下記の写真の様に黒い車は従来のスキャナでは計測するのが難しい物体です。
 Trimble X7Trimble X7
 

点群データの合成

一般的に3Dレーザスキャナで取得した点群は機械の場所毎に点群が取得され、別々の点群データとなり合成がされておりません。そこで合成するため後処理のRealWorks等ソフトウェアが必要となります。様々な方法で合成することができます。現在では計測時に自動合成される機種もあります。
Trimble RealWorks
 

点群データからCADデータ

点群データのままではCADで使用することができないため、点群データよりモデリングソフトにてモデル化しCADデータへの変換し使用することもできます。
 Infipoints
 
   
3Dレーザスキャナ
       
Trimble X12

ハイエンド
3Dレーザスキャナ

Trimble X7

3Dレーザスキャナ

Trimble RealWorks ソフトウェア ソフトウェア
3D Laser Scanner 3D Laser Scanner Software
       
3Dレーザスキャナ
Trimble X12

Trimble X12 3Dレーザスキャナ


高精度・長距離・高密度・自動合成等の最高スペックなハイエンド地上型レーザスキャナ

Trimble X12は、高精度・クラス最高の計測範囲 365 メートル ・毎秒最大 218 万 7000点のスキャン速度での3次元データが取得可能で暗いところもスマートライト機能で鮮明な画像が取得可能なハイエンド地上型レーザスキャナです。 誰でも簡単に3Dデータが取得できる操作性、計測しながら自動合成・確認作業のシンプル性も継承し、信頼度の高い3次元地形測量が行えます。


3Dソリューションズ総合カタログ
Trimble SX12

Trimble SX12 3Dレーザスキャナ


測量・土木/i-Construction用 全く新しいジャンルの測量機スキャニングトータルステーション

Trimble SX12 は、トータルステーションと地上型レーザースキャナーを一体化させることで、点群を利用した公共測量での活躍の場を大きく広げることに成功しました。 さらに、新な機能を追加することで利便性を図り、スキャニングトータルステーションによる業務範囲の拡大が期待できる商品です。 Trimble SX12 は、土木・建設・測量など、あらゆる業務でその威力を発揮します。


3Dソリューションズ総合カタログ
3Dレーザスキャナ
   
Trimble X7

Trimble X7 3Dレーザスキャナ 【Perspective】


測量・土木/i-Construction用 常識を打ち破る、次世代の3Dレーザスキャナ

Trimble X7は、 今までの常識を打ち破る「シンプル・スマー ト・プロフェッショナル」な新時代を切り拓く地上型レーザスキャナです。 今までに例のないワークフローは、 たとえ3次元測量の経験がなくとも 「簡単・正確・効率的」な作業と質の高い成果をご提供します。整準作業はオートキャリブレーション機能により必要が無く、リアルタイム全自動レジストレーション機能により点群が自動合成、ターゲットが無くてもOK。1秒間に 50 万点のスキャンスピー ド で高精度、三脚はカーボン製の軽量なGITZO 三脚採用


Trimble X7 スキャナ 【Perspective】
Trimble X7

Trimble X7 3Dレーザスキャナ 【FieldLink】


建築・設備/BIM用 常識を打ち破る、次世代の3Dレーザスキャナ

Trimble X7は、予め用意した設計データに合わせて点群を計測することはもちろん、何もない状態からでも、任意の複数点から観測を行うだけで点群を合成、データをその場でアウトプットできる仕様となっています。測量の専門知識を持っていない方でも、高品質な点群データの取得を可能にする自動機能を各種ご用意しております。設計データとの比較がリアルタイムに行えます。


Trimble X7 スキャナ 【FieldLink】
ソフトウェア
Trimble RealWorks ソフトウェア

点群データ処理ソフトウェア Trimble RealWorks ソフトウェア


3Dスキャニングの点群データを素早く簡単に三次元成果物に変換。

3Dスキャナからインポートした高密度のデータを説得力のある3D成果物に変換するパワフルなオフィスソフトウェア。数100万ポイントを含む複雑な大容量データファイルを総合的かつ直感的に管理、処理、分析することができ、様々なレポートや計算結果を素早く提供。クライアントが満足する高品質の成果物を作成することができます。


RealWorksソフトウェア テクニカルノート (PDF: 512KB)
3Dソリューションズ総合カタログ
Infipoints

点群データ処理ソフトウェア infipoints ソフトウェア


3Dスキャニングの点群データを素早く簡単に三次元成果物に変換。

InfiPointsは現場のリアルな状況とコンピュータ上のバーチャルな空間を融合する点群データ活用ソフトウェアです。3Dスキャナで計測した数十億点・数十ギガバイトの点群データでもストレスフリーの操作性。InfiPointsは点群から円柱や平面を自動抽出。配管・ダクト・鋼材などのモデリングができます。MMS・手押し型・ハンディ型・バックパック型など、移動する3Dレーザースキャナで計測した点群データから、平面や円柱などの形状を自動抽出する機能を開発しました。ドローンなどで撮影した画像からSfM(Structure from Motion)技術で作成された点群データにも対応します。