本文へスキップ
ホーム 製品 レンタル メンテナンス サポート 会社概要 Contact
top

コントロールソフトウェア

FieldLink
FieldLink
コントロールソフトウェア
Trimble FieldLink
BIMデータの活用を実現

Fieldlink
コントロールソフトウェア FieldLinkは2D/3Dの設計データに対応しています。画面上に表示された現場の映像に図面から作成したポイントや結線情報を重ねて表示する事ができ、直感的な計測を実現します。

FieldLink 使用機種

FieldLinkは3DレーザスキャナTrimbleX7、BIM専用トータルステーションRTSシリーズ、墨出しシステムRPT600で共通してご使用いただけるコントロールソフトウェアです。同じソフトウェアで使用できますので新しく覚える必要はなく総合的にBIMでご活用いただけます。
 Trimble X7Trimble RTSTrimble RPT600
 
CADデータをそのまま活用
FieldLinkは2D/3Dの設計データが持ちレイヤ情報をそのまま取り込むことが可能です。複数の2D/3Dの設計データを1つのプロジェクトに統合して表示できます。新点観測や墨出しを行ったポイント情報、FieldLink内で作図した結線情報も任意のレイヤに割り当てが可能です。
Fieldlink Fieldlink
 

FieldLink 活用方法

Trimble RTSでは設計データを現実空間に重畳した状態で、今どこを測っているのかを画像で記録できます。リアルタイム映像およびパノラマ写真をタップして視準操作を行うことが可能なので、迅速に作業が行えます。視準にあたり望遠鏡をのぞく必要が無いため、ワンフロア上の階を見上げるような角度での計測も容易に行えます。
 Fieldlink Fieldlink
 
FieldLink 入力データ 
属性情報を持ったBIMの標準データ形式IFCをはじめ、SketchUp(.skp)ファイルの読み込み、2D/3D DWGデータ、Digital PDF、座標データ(CSV)の読み込みに対応しているので、現場での器械設置、設計データとの比較が容易に行えます。モデルはワイヤーフレームやソリッド(透過あり)での表示ができ任意に断面を表示させることも可能です。
Fieldlink Fieldlink Fieldlink

Trimble Connect

Trimble Connectを使用すると様々な機器とデータの相互使用ができます。

Trimble Connect
 

お勧め機種

Trimble X7 Trimble RPT600
Trimble X7 Trimble RPT600
 Trimble RTS
 Trimble RTS  
 
 



建設・設備会社様に多数の実績
大好評いただいております!


資料請求、デモのご要望、お問い合わせ等お気軽にご相談ください。
お問い合わせボタン